Projects

Workshop

九州大学 × 台湾国立成功大学 ジョイントデザインワークショップ2019

2019年9月24日〜2020年2月21日

九州大学芸術工学部・大学院芸術工学府と台湾の国立成功大学計画デザイン学部(QS2018 Design & Art部門 世界ランキング48位)との合同による九州大学×台湾国立成功大学ジョイントデザインワークショップ 2019 を九州大学・大橋キャンパスおよび国立成功大学で開催しました。

このワークショップでは、「地域共生社会のためのデザイン(Design for Convivial Communities)」をテーマとして、IoT技術を活用したサービスデザインを行いました。

ワークショップには九州大学から教員3名、学生7名、成功大学から教員3名、学生11名が参加しました。両大学の学生による混成4チームを編成し、以下のプロセスのもと、8つのサービスデザインを提案しました。

ステップ1:
2019年9月24日から27日の期間、成功大学メンバーが来福し、関連する研究事例やデザイン手法の講義、両大学の学生による混成チームを編成の上、フィールドワークとして、糸島市「ふれあいラボ」の見学、糸島市・高齢住民等へのヒアリング調査を実施し、高齢者の生活意識や生活課題などに関して調査を行いました。

ステップ2:
2019年11月26日から28日の期間、九州大学メンバーが成功大学を訪問し、ゲスト講師による講義、継続調査の結果報告、ペルソナ、ユーザージャーニーマップ、ステークホルダーマップの作成などを行いました。

ステップ3:
2020年2月17日から21日の期間、成功大学のメンバーが来福し、糸島市「ふれあいラボ」および九州大学・大橋キャンパスにおいて、最終成果のプレゼンテーションを行うとともに、来場者からフィードバックを得ました。

[学生参加者]
九州大学 7名(学部2名、修士4名、研究生1名)
成功大学 11名(学部10名、修士1名)

[キーワード]
高齢者、地域共生社会、ダブルダイヤモンド、ペルソナ手法・シナリオ手法、ユーザージャーニーマップ、ステークホルダーマップ、ムービー作成

ふれあいラボでの高齢者インタビュー調査の様子
九州大学(大橋キャンパス・マンリー)での懇親会の様子

日時

ステップ1:2019年9月24日(火)〜27日(金)
ステップ2:2019年11月26日(火)〜28日(木)
ステップ3:2020年2月17日(月)〜21日(金)

場所

九州大学大橋キャンパス,国立成功大学(台湾)

Member

  • 田村 良一 九州大学大学院芸術工学研究院
  • 牛尼 剛聡 九州大学大学院芸術工学研究院
  • 稲村 徳州 九州大学大学院芸術工学研究院
  • 簡 聖芬 国立成功大学計画デザイン学部
  • 楊 佳翰 国立成功大学計画デザイン学部
  • 陳 璽任 国立成功大学計画デザイン学部

Scrapbook

これまでの活動記録をまとめた画像や動画、
ドキュメントのアーカイブです。
画像を選択してダウンロードいただけます。

View all

Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Design for LGBTs and an Inclusive Society
ハサミムシとプロトエリトロプテランのペーパークラフト
ハサミムシ扇子の作り方
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus

Actual results

1

QSランキング2017-2020(Art & Design分野)アジア地域・日本の大学 4年連続1位

44

共同研究受託数 44件

20

留学生数の割合 20%