Projects

Others

九州大学×台湾国立成功大学
ジョイントデザインワークショップ

2018年2月19日(月)~22日(木)

2018年2月19日(月)~22日(木)の日程で、九州大学芸術工学部・大学院芸術工学府と国立成功大学計画デザイン学部(QS2018 Design & Art部門 世界ランキング48位)との合同によるKU&NCKU Joint Design Workshopを九州大学・大橋キャンパスで開催しました。

このワークショップでは、IoT(Internet of Things)時代の今日的な視点から、ダブルダイヤモンドというデザイン・プロセスモデルを用いて、少子高齢化によって生じた社会問題、特に高齢者の生活の質の向上を目的とした「自助・互助・共助・公助」の連携によるイノベーションデザインの可能性に挑戦しました。

ワークショップには九州大学から教員5名と学生11名、成功大学から教員6名と学生11名が参加しました。
デザイングループ3チームとリサーチグループ3チームで両大学の混成チームを編成し、「Design for the Elderly」をテーマに、高齢者4名のヒアリング調査のもと、ワークショップを行いました。
デザイングループは、レーザーカッター、3Dプリンター、プロトタイピングツールを用いたプロトタイプを制作しながら、サービスの提案を行いました。
リサーチグループは、関連論文の調査などを通じて、研究課題を探索し、研究計画の提案を行いました。

[日程]
2018年2月19日(月)~22日(木)

[場所]
九州大学・大橋キャンパス

[参加者]
九州大学 11名(学部2名、修士課程1名、博士課程6名、研究生2名)
成功大学 11名(学部2名、修士課程8名、博士課程1名)

[教員]
九州大学 富松 潔、田村 良一、牛尼 剛聡、稲村 徳州、伊藤 慎一郎
成功大学 吳 豐光、馬 敏元、何 俊亨、簡 聖芬、楊 佳翰、陳 璽任

[キーワード]
カスタマーエクスペリエンスデザイン、インタラクションデザイン、ダブルダイヤモンド、ユーザージャーニーマップ、ビジネスモデルキャンパス、IoT

糸島市「ふれあいラボ」の見学
ワークショップの様子
高齢者へのヒアリング調査

日時

2018年2月19日(月)~22日(木)

Member

  • 吳 豐光 国立成功大学計画デザイン学部
  • 馬 敏元 国立成功大学計画デザイン学部
  • 陳 璽任 国立成功大学計画デザイン学部

Scrapbook

これまでの活動記録をまとめた画像や動画、
ドキュメントのアーカイブです。
画像を選択してダウンロードいただけます。

View all

Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Design for LGBTs and an Inclusive Society
ハサミムシとプロトエリトロプテランのペーパークラフト
ハサミムシ扇子の作り方
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus

Actual results

1

QSランキング2017-2020(Art & Design分野)アジア地域・日本の大学 4年連続1位

44

共同研究受託数 44件

20

留学生数の割合 20%