Archives

Lecture

環境設計グローバル・ハブ トーク&ディスカッション 福岡・バンコク・ホーチミン アジアの若手建築家は何を考えているか

2018年6月2日

June, 2nd, 2018

福岡・バンコク・ホーチミンで活躍する3人の若手建築家を招き、公開レクチャーとディスカッションを行います。アジアにおける今日的な問いは何か? 都市、あるいは地域の現状にどのように向きあうか?そこから生まれる新しい美学、空間は何か? ーアジア建築設計の最前線を探ります。

[登壇者]西澤 俊理、百枝 優、ポーンパット・シリクルラタナ 司会:岩元 真明(九州大学助教)
〈日本語・入場無料・予約不要〉

西澤 俊理 Shunri Nishizawa
1980年東京生まれ。東京大学大学院修了後、安藤忠雄建築研究所スタッフ、ヴォ・チョン・ギア・アーキテクツのパートナーを経て、ベトナム・ホーチミン市で独立。2015年よりNISHIZAWAARCHITECTSを主宰。ベトナム建築学会賞、アルカシア建築賞、WADA賞2017など、国内外で受賞多数。主な作品:チャウドックの住宅(2017)、ベンタンのレストラン(2018)

百枝 優 Yu Momoeda
1983年長崎生まれ。九州芸術工科大学環境設計学科卒。横浜国立大学大学院修了。隈研吾建築都市設計事務所スタッフを経て、2014年に百枝優建築設計事務所を設立。SDレビュー、AR Emerging Architecture Awardなど、国内外で受賞多数。現在、九州大学芸術工学研究院非常勤講師。主な作品:丘の礼拝堂(2016)、4家族のための葬祭場(2018)

ポーンパット・シリクルラタナ Pornpas Siricururatana
1985年バンコク生まれ。タイ政府派遣留学生として日本留学。東京大学大学院を修了後、タイ王国文化省現代文化局で建築家を勤める。2014年よりカセサート大学講師。現在バンコクを拠点に設計を行うほか、美術雑誌「art4d」でゲストエディターを勤めるなど、多様な活動を展開している。 主な作品:ラチャダムヌン現代美術センター(2013)、999/84(2014)

芸術工学50周年記念事業 環境設計グローバル・ハブ/渾沌会 協力企画

日時

2018年6月2日15時30分 - 17時30分

場所

九州大学大橋キャンパス2号館2階ギャラリー

Scrapbook

これまでの活動記録をまとめた画像や動画、
ドキュメントのアーカイブです。
画像を選択してダウンロードいただけます。

View all

Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Design for LGBTs and an Inclusive Society
ハサミムシとプロトエリトロプテランのペーパークラフト
ハサミムシ扇子の作り方
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus