News

Public lecture

公開講座「デジタルファブリケーションと木工」

2018年11月26日(月)

近年、3Dプリンターやミリングマシンといったコンピュータ制御によるデジタル工作機器が飛躍的な発展をとげ、「デジタルファブリケーション」と呼ばれ注目を集めています。パーソナル・コンピューターやスマートフォンが人々の生活を変えたように、小型化し低価格となったデジタル工作機械は、建築や家具などの「ものづくり」の現場を大きく変えようとしています。

このような新しい技術の時代において、地域固有の産業はどのように変わるのでしょうか。「デジタルファブリケーション」は日本の木材産業も変えてゆくのでしょうか。新しい技術である「デジタルファブリケーション」と地域固有の技術を組み合わせて、「ものづくり」の可能性を広げることはできるのでしょうか。

古くから木材産業の盛んな南小国町において、日本とオーストラリアの専門家3名が「デジタルファブリケーション」と木工・木造の新しい可能性を語ります。

なお、本公開講座は、九州大学とニューサウスウェールズ大学の協働によるシンポジウム「デジタルファブリケーションとローカルクラフト」の一環として開催します。みなさまのご参加をお待ちしております。

[プログラム]
16:30 開場
17:00 ごあいさつ
17:10 講演1 秋吉 浩気(VUILD)
17:30 講演2 Gabriele Ulacco(AR-MA)
18:00 講演3 小見山 陽介(京都大学)
18:20 質疑応答
18:30 閉会

[主催]
UNSW Smart Cities Research Cluster, UNSW Design Futures Lab, UNSW Built Environment
九州大学環境設計グローバル・ハブ

[後援]
豪日交流基金

日時

2018年11月26日(月)17時〜18時30分

場所

南小国町役場ホール

参加料

入場無料・登録不要

お問い合わせ

eghub.ku@gmail.com

Recent news

Scrapbook

これまでの活動記録をまとめた画像や動画、
ドキュメントのアーカイブです。
画像を選択してダウンロードいただけます。

View all

Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Design for LGBTs and an Inclusive Society
ハサミムシとプロトエリトロプテランのペーパークラフト
ハサミムシ扇子の作り方
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus
Ohashi campus

Actual results

1

QSランキング2017-2020(Art & Design分野)アジア地域・日本の大学 4年連続1位

44

共同研究受託数 44件

20

留学生数の割合 20%